お知らせ

歯科治療(医療)に「絶対・必ず」は有り得ません

患者さんへ

医療に「絶対・必ず」はあり得ません。

歯科に関して言えば例として、絶対詰め物取れないとか、

必ず治るとか、一生持ちますとか、マジあり得ないです。

そのことを先ずご理解ください。

当然最善を尽くし、治療します。しかし、一度治療したら

二度と再治療しなくて済むなどはあり得ません。

歯科治療はモノの修理ではありません。

風邪を引いて内科へ行き、また風邪を引いたら

「治ったのに何でまた風邪を引くんですか?」と先生に聞きますか?

歯科治療も同じです。

しかし中には歯科治療をモノの修理のようにお考えの患者さんがいます。

確かに歯科治療は歯科材料に頼る部分も大きいです。

しかし歯科材料には限界があります。通常のお食事では問題ない場合でも、

就寝中の喰い縛りや歯ぎしり、氷を咬む癖など、想定外のダメージがあります。

当院では使用材料には自信があり、保険適応で最高級の材料を使用しています。

それでも年数が経てば、脱離(とれた)や破折の可能性もあります。

定期検診、メインテナンスを怠れば、「歯」は問題なくとも歯周病により

せっかく治した歯が長持ちしない場合も少なくありません。

それは当院以外の高額自費診療でも同じことです。

お金を高く払えば、それだけ良い治療が受けられるという考えは間違いです。

虫歯や歯周病も立派な病気であり、「通院が必要な病気にかかった」と認識して下さい。

少なくとも、高瀬歯科の歯科医師はそう考え、保険で良い歯科治療を提供致します。