お知らせ

過剰な期待と、その反動。

患者さんへ

誰かを怒らせてしまう、落胆させてしまう。

仕事や日常生活、家庭内でも人間関係において、よくあることです。

知っていましたか?人を失望させてしまう一番の原因は「過剰な期待」です。

歯科医院にも同じことが言えます。当院でも一番気を遣うところです。

当院は保険診療で可能な限り頑張る!をモットーとしておりますが、

保険診療で何でも素晴らしく上手くいくという事ではありません。

それは、保険でも自費でも同じことです。

当院では「保険のみで自費をやらない」というのが信条です。

当たり前ですが、我々の全ての知識・技術を持って診療します。

しかし何でも素晴らしく解決するという誤解をなさらぬよう、宜しくお願いします。

とはいうものの、多数の患者さんから「保険でここまで出来るんですね!」

と高評価を頂いておりますが。

〇いわゆる「無痛治療」について。

当院では、細心の注意も持って、なるべく痛みの無い治療を心がけています。

しかし、歯科治療において、全く痛くも痒くもない治療は理論上あり得ません。

注射をしたり削ったりするわけですから「完全無痛」は全身麻酔でもしなければ

医学的に有り得ないことです。麻酔が効いてしまえば、その後は「無痛」は有り得ます。

当院では、表面麻酔を行い歯肉が麻痺した後に、そろりそろり電動注射器を使用します。

いきなりブチュッと針を刺すよりは100分の1くらいのチクリです。

そして理論上可能な限りの「無痛治療」を行います。

世界中のどんな名医でも、完全無痛は理論上あり得ないことを知って下さい。

本当に完全無痛が可能な先生がいたら弟子入りしたいです。