ブログ

先生!保険じゃ出来ないんですか?(開業医の苦悩)

患者さん(あなた)が抱く疑問でありながら、この質問に、納得のいく答えはなかなか得られません。

厚生労働省で話を聞くと、「最新の技術やアメニティにかかわる医療以外は、基本的に保険で給付されます」

と答えられますが、アメニティというのが曲者です。

そこを尋ねると「必要な治療は保険、快適さや美しさを求める場合には保険でできないことがあります」という答え。

でも、歯医者さんでは「保険の入れ歯は質が悪い」と言われます。

そういうことを公然と書いている本もあります。

「保険でできる/できない」の線引きについて、歯科医院では「保険で使える材料と使えない材料がある」

と説明されることが多いようです。

つまり、良く解釈すれば患者さんも歯医者も困っている。

悪く解釈すれば、厚生労働省の答えを逆手にとって高額医療費を勧める歯医者もいるってコトです。

厚生労働省の本音は「ご飯が食べられるところまでは面倒見るけど

その上で白くとか美しくまでは面倒見ません」ってことなんですよ。

当院では保険診療しかしません!としつこいくらい言ってますが、

銀歯は嫌だ、接客業なんで白く治して欲しい。

分かってますよ、接客業じゃなくても白いのが良いに決まってる。

でも、それは厚生労働省に抗議して下さい。

当院では保険上存在する内容は全て保険適応で対応してますから。

一つ知っておいて欲しいのは、保険上存在しても

実行するかしないかは個々の歯科医院に任されています。つまり、

「それは保険では出来ません」は本当は

「それは当院では保険では出来ません」の「当院では」が抜けてます。

高瀬歯科医院では「保険上存在する内容は全て保険適応で対応してます」。

当院では保険上存在するのに「保険では出来ないとは絶対に言いません」。

「踊る」風に言えば、事件は現場で起こっています。会議室ではありません。

私個人的には、総理大臣か厚生労働大臣にTVCMで歯科の保険適応について

話して欲しいです。

でないと、せっかく頑張って苦労して治療したのに

「見える所なのに金属しか出来ないんですか?」と言われて悲しくなります。

政治家の先生・偉い官僚さん、お願いしますよ。

説明責任まで現場に押し付けないで下さい。

下々の開業医は「お上」様の言うなりなんですから。。。