ブログ

ニッポン・日本人を知っていますか?

かつての日本では当然だった、日本人が日本人たる所以の美しき習慣。
侘・寂(わび・さび)、思いやり・察し、等々・・・。
そんな習慣が失われつつあるのでは無いか、と感じる今日この頃です。
ハードクレーム、言った者勝ち、利用できる物はは全て利用する・・・。
倍返しだ!謝れ!土下座しろ!金払ってんだからこっちが客で偉いんだ!
医療の現場でも、最近ではしばしばあると聞きます。
当院でも、2回だけ経験があります。
私に言わせれば、ハッキリ言って下品の極みですよ。
しかし、よーーーく考えて下さい。
それで本当に自分が得をすると思えますか?
あなたがもし逆の立場だったら、そんな患者さんに心から親身になれますか?
しかし、現実は受け止めなければならない。
クルマのドライブレコーダーの装着率は急上昇。
PCサポート・カード会社等、接客業者の電話対応の録音は当たり前。
世の中は改善や期待よりも、「自己防衛」にあからさまに移行しています。
企業の電話録音は「サービスの品質向上の為」ではなく「自己防衛の為」でしょ?
それならそれで、ハッキリそう言えばいいんだよ。むしろ言えよ。
日本も悪い意味で欧米化してるのかも知れません。
まあまあな数の病院では、常に医師にICレコーダーの装着を義務づけています。
知らないうちに会話が録音されています。
医療機関側の訴訟リスクを考慮すれば当然の行為ですが、ちょっと寂しくないですか?
お互いに暗黙の信頼関係の元、行うのが、真の医療ではないでしょうか。
当院は電話録音してませんし、ICレコーダーもありません。
世界から賞賛されるニッポンが今後も続く事を切に願います。