ブログ

歯医者(人間)もいろいろ

あなたもきっと迷うはず。
どこの歯科医院へ行ったら良いか?
なにせ、コンビニより多いんですから(笑)。
当然、医院理念・院長の診療方針、設備や立地。
いろいろあります。

最近、他の歯医者で怒られてとか、イヤな思いをして、と言う患者さんが多いです。
ちょっと抽象的な話になってしまいますが・・・。
もしも、あなたが幸せに満ちていて、周囲からの愛情に溢れていたら、
他人に対して攻撃的になるでしょうか?
無いですよね。むしろ、他人に優しくなれるハズです。
例えば、困っている人がいたら助けたくなるし、
「ここはこうした方が良いよ」とか「ちゃんと食事とか睡眠とれてる?」とか言いたくなります。
私達はそちら側の人間です。

しかし、逆に自分に愛情が足りない時、不幸と感じている時、人間は攻撃的になり人は人を傷つけます。
それは、一見、冷たい人・攻撃的な人に見えますが、その行動は
本当は「もっと自分を愛して欲しい、幸せになりたい」とアピールしているんです。
私達は常に患者さんに愛情を与えたい、幸せになって欲しいと考えています。
あなたがもしも歯医者でイヤな思いをしたなら、きっとその先生は幸せでは無いのかも知れません。
私もつい先日、とあるお店でイヤな思いをしたのですが、きっとその人は家庭や職場で
「もっと自分に愛情が欲しい、幸せになりたい」と思っているのだなと思い、
特段、抵抗せずに黙って帰って来ました。

そこで、攻撃的な人に良い処方箋は、自分で自分に愛情を与えることです。
些細なことで良いんです。他人が愛情をくれないなら、自分で自分に与えれば良いんです。
「炊事・洗濯頑張った自分はめっちゃ偉い!」「お仕事頑張った自分はサイコー!」ってね。
バカバカしいと思うかも知れませんが本当ですよ!!!
強引に歯科受診に例えるなら「嫌いな歯医者に通った自分ってウルトラサイコー!!!」みたいな。
数年前に私自身も逆流性食道炎で大嫌いな内視鏡検査に挑んで薬を処方してもらい克服しました。
オレって、マジ卍で超ウルトラサイコーです!
過剰な程にガンガン自分を褒めることです。するとそれが習慣になり、自信にもつながります。
何事もプラス思考ですよ。もう下を向くのはやめましょう。
あなたは、きっと素晴らしい人なのですから。