ブログ

ブログ

  • 娘に感謝その2 ヘレンケラー編

    「大多忙による重過労で常に疲れている。」と思っている私。患者さん(あなた方)にも同様でしょう。またしても娘に弱音を漏らしてしまいました。すると今度は、「お父さん、ヘレンケラー知ってる?」と。ああ、知ってるよ(ヘレンケラーを知らない方はWikipediaで)。娘:ヘレンケラー名言集のこの部分、読んだら頑張れるんじゃない?...

    続きはこちら

  • 安全と平和

    昨今の世界情勢に乗じて、患者さん(あなた)の日常にも共通の話です。安全とは、「脅威はあるが軍事圧力等によって平穏を維持しようと努力している状態」平和とは、「脅威そのものが無く平穏無事な状態」を指します。歯科疾患の病態の進行は、虫歯も歯周病も間違いなく「平和」ではなく「安全」です。しかし、安全でも、安全から滅亡に至っても...

    続きはこちら

  • 歯医者は「怖い」ですか?

    想像して下さい。(フィクションです)あなたは、この世で最も苦手な「お化け屋敷」の前にいます。彼氏(彼女)が誘うので必要があって「仕方なく」来ました。怖くて怖くて、本当は入りたくありません。でも、彼氏(彼女)の誘いなので断れません。しかし、そのお化け屋敷は他とは変わった方針で。入り口で全て説明があります。説明を受けて、入...

    続きはこちら

  • 歯医者で「死ぬ」ことは、あり得ます。

    脅かしたり、威張る気持ちじゃないですよ。歯科疾患を軽んじている一部の患者さんへのメッセージです。昨今、「医者では死ぬけど、歯医者では死なない。」ゆえに、主導権は歯医者ではなく患者にある。みたいな感覚の患者さんが増えているように思います。「まだレントゲンはとらなくていいよ」「痛くなったら来るから今は治療しなくていいよ」気...

    続きはこちら

  • 「自由に」診療を受けましょう。(’16→’17版リメイク)

    当院では「自由に診療を受ける」とは何かというと、「物理的自由」と「精神的自由」とで構成されていると考えています。物理的自由とは、「複数の選択肢から選べること」。複数の選択肢を正しく歯科医師から提案され、治療法を自分で選べること。そしてもうひとつの大切な要素が「精神的自由」です。これは「自分の感情が、他人からの影響や制約...

    続きはこちら