小児歯科

子供の為の歯科治療

歯が生える0歳から永久歯が生え揃う15歳くらいまでのお子さんを対象として行う診療が小児歯科です。
当院では、虫歯や将来の歯ならびなどに不安をお持ちの保護者の皆さんと共に、乳歯時期からの健康管理のサポートに努めていきたいと考えております。
お子さんのむし歯予防は、保護者の方の協力が必要不可欠です。
お菓子の与え方や、お食事の後の歯磨きには十分配慮してください。
小さいうちに歯磨きの大切さを覚えてもらいましょう。

虫歯になりやすい子供の歯の為に出来ること

子供の歯は大人に比べ虫歯になりやすいと言われています。これは虫歯菌に対する抵抗力が低いことが原因です。
虫歯にならない為の予防や早期発見の為の定期健診を行い、お子さんの歯の健康を守りましょう。

  • むし歯治療

    乳歯も永久歯も治療の方法は同じです。 放っておいて歯の深いところまでむし歯が進行してしまっていれば、神経を抜いて金属冠をかぶせる処置をします。 麻酔をかけたり、治療のため長い時間我慢してもらったりするので、お子さんに大きな負担をかけないと治療ができない場合もあります。 いつか生え変わるから、と言って乳歯のむし歯を放っておくことは、お子さんの永久歯や歯並び、かみ合わせに悪い影響を与えてしまいます。 お子さんの負担を少しでも軽くするため、保護者の方は、早めの受診と毎日の予防を心がけてあげください。

  • シーラント

    シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。 奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らず、そのために毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝の虫歯を防ぐことが可能です。 シーラントは特に、生えたての奥歯の虫歯予防に有効です。(6~7歳頃、11~13歳頃)

  • フッ素

    歯磨き粉に配合されることも多いフッ素。フッ素は虫歯原因菌の働きを弱めたり、歯の表面(歯質)を強化する効果があり、虫歯の予防に効果的です。
    特に乳歯や生えたての永久歯は柔らかく、虫歯になりやすいことからフッ素で虫歯を予防してあげることが大切です。
    定期的にフッ素塗布をすることで、虫歯のリスクを軽減しましょう。

  • 定期健診

    子供の頃から定期的に歯科検診を受けた場合、初めて検診を受けた年齢が小さいほどむし歯になる確率が低くなるというデータがあります。
    8020運動も子供の頃からの予防が浸透することによって初めて達成可能になります。
    痛い思い、面倒な思いをしないためにも歯科医院で定期的に検診を受け、家庭では正しいブラッシングの習慣を身につけましょう。