審美歯科(高額自費治療にお悩みの方へ)

虫歯の場合、保険適応内で白い歯にもできますよ

「虫歯になってしまったら銀歯を入れるしかない。」「白い歯を入れたら高額な治療費がかかる」とお考えの方も多いと思います。 現在の保険制度では虫歯など治療にかぶせものを使用する場合、前歯から小臼歯までは保険で白く出来ます。
※ただし、詰め物(インレー)の場合は耐久性の問題から金属をおすすめすることが実際は多いです。

治療の可否はお話だけではご判断出来かねますので、お電話でのご相談ではなくまずはご来院ください。

前歯のかぶせもの

レジン前装金属冠

前歯のかぶせものには保険が適応されます。保険治療の場合、金属の上に固いプラスチックをかぶせた「レジン前装金属冠」というかぶせものを用います。
従来は数年で変色したり水分を吸収して変質し口臭の原因になったりして、「保険より自費のセラミックが良いですよ」と勧められる代名詞でした。
しかし現在では保険材料も進歩しており高品質な材料を使用すれば心配ありません。高瀬歯科では保険で認められている中で高品質な合成樹脂を使用しています。
裏が金属であることを気にされる方もおられますが、誰かの前歯の裏側を見たことがありますか?金属部分は歯医者しか見ない場所です。
絶対的な審美性ではセラミック等には敵いませんが、第三者には気付かれないレベルを目指しています。

第一小臼歯、第二小臼歯のかぶせもの

ハイブリッドCAD/CAM冠

第一小臼歯・第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番目・5番目の上下の歯)に限り、ハイブリッドCAD/CAM冠での治療が保険適応になりました。
ハイブリッドCAD/CAM冠とは、従来の保険適応の素材(築盛レジン)よりも丈夫な素材です。
また、CAD/CAM冠は、従来の築盛レジンジャケット冠に比べ、工場レベルで高度に重合されたハイブリッドインゴットをCAD/CAM装置によって削り出すため、割れにくく堅牢です。絶対的な強度は金属には敵いませんが、通常の使用では割れる心配は少ないかと思われます。

第一大臼歯、第二大臼歯のかぶせもの

ハイブリッドCAD/CAM冠

第一大臼歯(真ん中の歯から数えて6番目)も『金属アレルギー』の方に限り、ハイブリッドCAD/CAM冠での治療が保険適応になりました。(第二大臼歯は適応外です。)
※医科から当院宛の紹介状が必要です。

大臼歯を白い歯にしたいとお考えの方へ

現在の保険制度では、大臼歯は銀歯のみで白い歯は保険適応外です。(金属アレルギーの方を除く)。
そこで当医院は考えました。
従来は大臼歯は自費で8万円から10万円位でセラミック等を勧めるのが一般的ですが、1本の歯にそんなに大金を払えるでしょうか?
当医院では、自費は自費でも小臼歯に保険で白い歯を入れる保険点数の10割負担で計算し、大臼歯に白い歯を提供します。
保険が効かないからウン万円ですのアレではなく、明朗会計保険点数10割負担計算です。現在の保険点数ですと約3万円以下で大臼歯を銀歯から白く出来ます。
しかし、保険材料なので保険スペックです。耐久性や品質はあくまで保険スペックなので、本当の自費(セラミック等)には及びませんが、大臼歯を白くする最も手軽な手段です。最近の保険材料は品質も向上しているため、第三者の目には見分けがつきません。「とりあえず銀歯を白くしたい方」には最良の選択と考えます。当医院の苦肉の策の唯一の自費診療です。
※全ての大臼歯が適応ではありません。原則として神経を取っている歯が対象となります。詳しくは担当歯科医師にご相談下さい。

保険適応 小臼歯の場合

保険点数 3割負担
型採り 約¥3,000
装着時 約¥6,000
合計 約¥9,000

保険適応外 大臼歯の場合
(保険適応の小臼歯の素材を使用)

保険点数 10割負担で計算
型採り 約¥10,000
装着時 約¥20,000
合計 約¥30,000