一般歯科

虫歯治療

虫歯ができるまで

  • C0

    虫歯の一歩手前の状態。
    エナメル質が変色してる状態です。穴は空いておりませんが、放置すると虫歯が進行します。
    これ以上進行しないように定期的に確認する必要がございます。

  • C1

    エナメル質に小さな空いた状態です。
    まだ痛みはなく、歯と歯の隙間にあったりすると気づかないことも多い為注意が必要です。

  • C2

    エナメル質の奥にある象牙質まで虫歯が進んだ状態です。
    この段階になると、冷たいものなどがしみるようになってきます。

  • C3

    虫歯が神経まで進行した状態です。
    神経まで進んでいるため、何もしていない時でも強い痛みを感じます。
    神経組織を取り除く根管治療を行う場合もございます。

  • C4

    歯全体が虫歯に侵されているため、ほとんどの場合は歯を残すことが難しく、抜歯になります。
    比較的早期発見の場合は、C3と同じく根管治療などを施す場合もあります。

根管治療

歯の根の管を根管(こんかん)といい、通常、根管の中には神経があります。
虫歯が進行し神経まで達して痛みが強くなると、根管内の神経を取り除く必要があります。
神経を取った後、根管内を消毒し、薬を詰めて細菌が入り込まないようにします。これを根管治療といいます。

  • STEP 1

    神経が生きている場合は麻酔をした上で、虫歯部分を除去し、歯冠から歯髄腔まで穴をあけます。

  • STEP 2

    専用器具を用いて、歯髄腔および根管と感染された象牙質等をていねいに除去します。

  • STEP 3

    歯髄腔および根管を消毒液で充填します。

  • STEP 4

    プラスチック製またはグラスファイバー製の支柱(ポスト)を挿入します。高額自費診療だったグラスファイバー製の支柱が保険適応になりました!
    バリバリ、グラスファイバーを保険で使いましょう。

  • STEP 5

    最後にクラウンで歯をかぶせて修復します。
    神経をとった歯は栄養が行かない為もろくなります。基本的には全体的にかぶせた方が、その後に歯の破折が少なく、もつようになります。

再根管治療の注意点

一度根管治療を受けた歯が数年後に膿んだりした場合、再度根管治療を行うことが出来ます。しかし、再根管治療の成功率は60%といわれており、再根管治療をご希望の患者さんはまずこの点をご了承頂けますようお願いします。
例えば、メタルコア除去が困難な場合、治ると思って治療を始めても根破折等で抜歯になる可能性が無いとは言えません。
当院では患者さんの希望を第一に考え治療しますが、回復が困難な歯との上手な付き合い方のご説明や、場合によっては抜歯のご提案をさせて頂くこともございます。