予防歯科

定期的なメンテナンスで歯を守りましょう

「歯科医院は、歯が痛くなってから行くところ」とお考えの方も、まだ少なくないでしょう。
もちろん歯の痛みや症状があるところを治療することは大切ですが、虫歯や歯周病が進行してから治療を受けると、どうしても時間や費用がそれだけかさんできます。
悪くなる前に予防できれば、余計な時間や費用をかけずに済みます。
そして、お口の中を健康な状態に保つには、定期的なメンテナンスがとても大切です。
「しっかり歯磨きをしているから大丈夫」と考える方が少なくないようですが、歯磨きだけでは取り切れない汚れがあり、汚れが溜まると、歯垢や歯石が付着し始め、虫歯や歯周病のきっかけになってしまいます。 そのため、定期的なメンテナンスによる予防を行うことが、とにかく大切なのです。

予防歯科で行うこと

当院では、患者さんお一人お一人の口腔内の状態に合わせて、メンテナンスの方法や定期検診の時期について、ご指導いたしております。
予防歯科においてもPMTCなどの高額な診療は勧めずに、患者さんの負担を軽減しています。
具体的な内容は、以下の通りです。

  • 虫歯と歯周病のチェック
  • 入れ歯やインプラント、およびその周囲に異常が無いかをチェック
  • お子様の場合は、歯並びや歯の入れ替わりの状態をチェック
  • フッ素塗布(希望者のみ)
  • ブラッシング指導(希望者のみ)
  • 歯石除去
  • 機械的歯面清掃
  • 必要性があると判断した場合は相談の上レントゲン撮影

歯科衛生士よりメッセージ

歯を失ってしまう原因の9割以上が、虫歯や歯周病です。
虫歯も歯周病も初期には自覚症状の無いことが多いので、「痛い」「グラグラする」「歯に穴が開いた」などの自覚症状に気づいてからご来院なさった場合、多くはかなり進行した状態であり、したがって歯を残すことも難しくなります。
定期的なメンテナンスによる予防を行って健康な歯を維持し、疾患の進行を抑えることが、とても重要です。
そして、昨今の歯科治療は、虫歯や歯周病などを治療するだけでなく、いかにお口の中の健康な状態を長く維持するかが非常に重視されています。
それが「予防歯科」という考え方なのです。
歯は一生の大切な財産ですから、患者さんの歯を1本でも2本でも多く残すように、ご支援いたします。