コロナ禍での歯科診療のあり方|つくばで歯医者をお探しなら高瀬歯科医院

メニューを開く
Tel.029-879-0082 簡単ネット予約

ブログ

ドクターブログ

コロナ禍での歯科受診のあり方

新型コロナウイルスがが市中感染の領域まで達し、

緊急事態宣言(今回は茨城県は含まれていませんが)

まで発出されるというこの非常事態に1都3県だけが

危機であるとは思えません。特につくば市はTXで東京まで1時間の立地です。

これまで歯科医院でのクラスター(医療従事者から患者への感染)、

また歯科医院に通院した為に感染した事例は報告が有りません。

それは日本中の歯科医院が感染対策を「そこまでやるか?」とまで頑張っているからです。

とは言っても、外出そのものがリスク、という考え方が有ります。

いくら感染対策をしていても、歯を治したくてもコロナが怖い。当然ですよね。

そこで当院では従前通の診療を主として当然行いますが、主訴(一番困っていること)

のみの単発診療もアリだと判断しました。

これまで一般の歯科医院は、緊急性の無い限り、先ずは治療に適した口腔環境にする為に

歯周病治療をし、検査をして、それから順番に歯科疾患(主に虫歯)の治療をしてきました。

それを望む患者さんには当然その通りにします。

しかし、

・ただ取れた銀歯をつけて欲しい。

・とりあえず痛みだけどうにかして欲しい。

・口臭治療だけで良い。歯のクリーニングだけして欲しい。

・困っている、そこだけで良い。

そんな希望をお持ちの患者さんもいるはずです。

でも歯医者に行ってそう言うと先生に怒られたり、

治療は全て完結するまで通うべきと諭されたり。

先ずは歯周病が治らないと虫歯に手を付けられないと言われたり。

そんな経験は無いでしょうか?

当院では、患者さんの希望があれば、困っている事だけの単発治療も

アリだと判断しました。

初診時で、取れた銀歯を付けて終わり。

痛みを取ってあげて終わり。

可能な範囲で歯周病治療も同日に施術。

他に悪い所があっても説明に留める。

次回予約を強要しない。

教科書的ではありませんが、このご時世にアリだと思います。

いろいろ落ち着いたら、改めて治しに来て下さい。

そんな歯科医院が1件くらいあってもいいじゃないですか。

注:全ての場合が1回で終わるとは限りません。

取れた銀歯が変形して戻らない、神経を取る治療が必要になった。

など、様々なケースがありますが、来院回数を減らす努力を致します。

*複数の歯の治療は1回では終わりません。

そのような治療をご希望の方は、ご予約の際にその旨お伝えください。

ページトップへ