新型コロナウイルスと歯のトラブル|つくばで歯医者をお探しなら高瀬歯科医院

メニューを開く
Tel.029-879-0082 簡単ネット予約

ブログ

ドクターブログ

新型コロナウイルスと歯のトラブル

※あくまで、当院でのデータです。

今年の3月くらいから、一番の歯科受診の理由である

「歯が痛い」以外の理由で来院される方が急増しました。

もちろん、歯が痛いも含めてなんですが、

①歯がグラグラしてきた(咬むと痛くなった)

②詰め物が何度も取れる

③歯が欠けた・割れた・折れた

④急にしみるようになった・痛くなったり治ったりする

⑤顎が痛い、急に今まで大丈夫だった親知らずが腫れた

等々・・・。

これは、当院での見解は噛み締め・食い縛りの症状です。

また、心身疲労による免疫機能の低下もあると思います。

昨今のコロナ騒動の二次的被害と言い切って良いと思います。

そして、患者さんの職業別にみると、

a.中小零細企業の個人事業主及び役員の方とそのご家族

b.教育従事者(学校の先生等)・医療従事者(看護師さん等)

c.地方自治体の公務員(市役所・保健所・税務署・ハローワーク等)

d.急にテレワークになった方とそのご家族

e.お子様が臨時休校なった親御さん

上記以外にも大勢の方です。とにかく、みんな大変なんですよ!

長くなり過ぎるので、詳細な説明は割愛しますが、

専門用語で「ブラキシズム」と言います(ウィキペディアで調べて下さい)。

簡単にい言うと「ストレス等で夜間就寝時に食い縛っている」んですよ。

問診の際に、肩こりや首こり、頭痛があるか?と聞くと

該当する方が多いです。他にも様々な症状が出ます。

歯を診てもキレイ、レントゲンでも異常なし、でも症状は確かにある。

しかし対症療法ですが対処法はあります。

先ずはご自身の病態を把握する事(キチンと診断を受け知る事)、

必要があれば一時的に就寝時にマウスピースを使う等。

もちろん、普通に普通に虫歯や歯周病で痛くなって来院される方は従前通り

普通に処置を行います。

今回は、そういう事もあるんだな、と知って欲しくてのブログです。

なぜ知って欲しいかというと、誤診の被害にあって欲しく無いからです。

歯が痛い、もしくは上記①〜⑤の症状で歯科受診すると、

先ず虫歯を探し始め小さな虫歯でも削ってしまったり、

虫歯治療でも症状を繰り返す場合、神経を取ってしまったり、

抜歯をしてしまったり、それが正しい場合ももちろんあるんですが、

的が外れていると(診断に誤りがあると)何をしても解決しません。

ですから、よーーく患者さんのお話を聞いて、よーーく診て

正しい診断を下す必要があり、もし自分には原因がわからない時は、

「異常はありません」なんて無責任なことは言わずに

「分かりません」と勇気を持って自分には診断がつかない旨を

患者さんに正直に伝えて、口腔外科や歯科以外の可能性も含め、

病院口腔外科や大学病院等に紹介するべきなんです。

※全て私の個人的見解です

 

 

 

 

ページトップへ