お知らせ

歯の治療は一方通行

患者さんへ

歯医者へ行く理由は様々ですが、

最もポピュラーな理由は「痛い」「前歯がとれた」等

困ってから慌てて行く、のように感じます。

そして歯医者へ行き何度か通うと治って、良かったね、となる訳です。

しかし今後もそのパターンでずーっと平気ということはありません。

今回は「虫歯」に関して解説します(ちゃんと説明して下さる先生である設定、

痛くなるまで放置する定期検診を受けない場合の設定です)。

「冷たい物がしみるなぁ」と歯医者へ行きます。

大抵はC2という段階で、「虫歯ですね、悪い所をとって埋める処置をしましょう」

と説明を受け、その場で悪い所を除去して、

その場で白い樹脂を充填したり、型採りして次回には歯が入って終わりです。

しかし、しばらくしてまた「なんだか、何もしなくてもズキズキする、夜も眠れない」

みたいになって歯医者へ電話します。前回の歯だったり、別の歯だったりします。

予約日に行くとまた歯医者が出て来て、歯を診てレントゲン撮影し、

「今回は虫歯が神経まで達してしまっているので、歯の神経を取る処置が必要です

神経を取る治療(根の治療)には回数が必要です。そして根の治療が終わったら

型を採って被せる必要があります。」と、治療内容がステップアップします。

そして、さらにしばらくして、被せた歯が「咬むと痛い、何もしなくても痛い」

となり、また歯医者に行きます。

すると、またしても歯医者が出て来て「ああ、根の治療をした歯が膿んでますね

再治療が必要です(あるいは、もうこの歯は持たないので抜歯の必要があります)」

となります。

何が言いたいかと言うと、ほんの小さい虫歯が出来た時から、抜歯までの

ストーリーは決まっていて、始まっているんです。

そして、歯周病も徐々に進行していきます。

大人になってしまうと、お仕事やら育児やらで、痛くなるまで歯医者に行かないのは

当然だとおもいます。しかし、定期検診で早期発見早期治療を行えば、

抜歯に至るまでを、飛行機で行くのか、歩いて行くのか位の差が出るのです。